パチンコ業界で暗号通貨!?怪しさ増してませんかねぇ

2018/04/02
 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ギャンブルはやりませんが、投資はします。

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

パチンコ業界で、暗号通貨を取り入れる案が出ています。

まだ具体性はないものの、メリットは複数あるようです。

 

あやしさ満点w

 

その名称と最近の暴落で、一般人にはあまり良い印象が無い暗号通貨。

パチンコ業界で採用となると、印象は更に下落しそうです・・・

 

なんだか分からないけど危なそう

怖い

詐欺っぽい

マルチ勧誘みたい

 

 

あまりよく調べず、暗号通貨に対し上記の印象を持つ割合が増える気がします。

 

三店方式打破?

 

あなたはパチンコ・スロットをやったことがあるでしょうか。

やったことがない場合、ピンと来ない話になるかもしれません。

 

あなたがパチンコ・スロットを遊戯する際の大まかな流れは以下の通りです。

 

現金を入れて、玉やコインを借りる

遊技する

出玉(大当たり等で出た玉、コイン)の数を数える

出玉数に対応した特殊景品と、端数分のお菓子や煙草を受け取る

特殊景品を景品交換所(古物商)に売り、現金を得る

 

これは、いわゆるユーザー側から見た流れです。

実はここから

 

景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取る

景品問屋がパチンコ屋に特殊景品を卸す

 

という流れがあり、これを三店方式と言います。

 

何故こんなまどろっこしいことをしているのか。

それは

日本は賭博を禁止しており

パチンコ店で、現金又は有価証券を賞品として提供することを禁止しているためです。

 

これが、暗号通貨を商品とすればどうでしょう。

暗号通貨が現金又は有価証券に該当しないことが前提となりますが

暗号通貨で客に渡すことは違法ではなく

まどろっこしい三店方式を採用する必要がなくなります。

 

また、あなたの暗号通貨で玉やコインを借りれるようになれば

円取引は一切存在せず

見かけ上は一切のギャンブル性がありません。

 

グレーなように見えますが

既に現在のシステムがグレーなので、現在と比べると少しだけクリーンに見せられますね。

 

三店方式は

・景品交換所の場所が必要

・景品交換所に常に待機する人が必要

・景品問屋が必要

と、意外とお金がかかります。

 

(見かけの)クリーン化と、コスト削減に

暗号通貨はもってこいという訳です。

 

ちなみに

 

じょかは投資はしますが、ギャンブルはやらないと冒頭に書きました。

となればもちろん、スロットはやります。

 

 

は?

 

スロットはギャンブルじゃない!投資だ!!

という暴論を繰り出しそうな勢いです。

 

そうです。スロットは投資です。

 

期待値稼働はご存知でしょうか。

簡単に言えば、スロットは狙い目があり

その狙い目だけを回すという打ち方です。

 

数千、数万回実施した際の1台あたりの平均が+になる狙い目だけ

ひたすら探し続けて打つという

地味な戦法で、お小遣い稼ぎをしています。

年間100~200万円程のプラスです。

 

状況が芳しくないので、これから行うことは推奨しませんが

こんな稼ぎ方もあるんだ!という気づき、知識として調べてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.