Grayscaleにてリップル、ライトコインの単独投資信託開始!!頑張って解説するやでー

   

Grayscaleの暗号通貨投資信託が面白い

 

相互リンク・RSSを大募集中!コネマル(@conemaru_btc)です。

 

 

Grayscaleは既に下記の投資信託サービスを扱っています。

※分かりやすく投資信託という言葉を使っていますが、実質株式投資です。後述します。

 

2014.4.24 ETC(イーサリアムクラシック)

2014.9.25 BTC(ビットコイン)

2014.12.14 ETH(イーサリアム)

2017.10.24 ZEC(ジーキャッシュ)

 

2018.3.1から、上記以外の通貨が追加されました。

 

LTC(ライトコイン)

 

XRP(リップル)

 

メリットは・・・?

 

暗号通貨の単独投資信託にメリットはあるんでしょうか・・・?

まったくピンと来なかったので、google先生の翻訳に力を借りながら調べてみたところ

非常に高いメリットがあることがわかりました。

翻訳があっていれば、メリットはあっています

 

難しい多量売買を行ってくれる

例えばあなたが100BTCを購入しようとします。

取引所に100BTC一気に買いで出すと、成りであれば非常に高価な取引まで成立し、指値であれば非常に高い壁となります。

一方で少しずつ購入すると、売買成立まで長い時間がかかります。

 

これが、GrayscaleのINVESTMENT TRUST(投資信託)で買付を行うだけで、あとは勝手にやってくれます。

 

保管リスクがない

例えばあなたが取引所で各通貨を保管しているとします。

コインチェックが記憶に新しいですが、各販売所・取引所には盗難(GOX)リスクが存在します。

 

Grayscaleは2014年から暗号通貨投資信託サービスを行っている実績があり、非常に強固なセキュリティに守られています。

更に投資家自身は各通貨の購入・保管・移転等は一切行う必要がありません

 

税金優遇される

さて、今まで投資信託サービスとお伝えしていましたが、実際は株式投資システムに酷似しています。

例えばあなたがBTC該当品の買付を行うと、BTCにリンクしたGrayscaleの株を購入したことになります。

 

そのため、利益が出た際の税金は

「株による利益時の計算」が該当します。

 

投資資格が重い

 

一般の人の投資資格は

・直近2年の年収が20万ドル以上

・または直近2年の配偶者との合算年収が30万ドル以上

・個人もしくは配偶者との共同純資産が100万ドル以上

 

え?きつすぎじゃないですかねぇ・・・?

 

Grayscaleのリンクも貼っておきますね

 

2021年には複合投資信託サービス開始予定!

 

2021.2.1には、複数の投資信託サービス開始を検討しています。

 

Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、リップル(XRP)、Bitcoin Cash(BCH)、Litecoin(LTC)の組み合わせで行うようです。

まだ先ですが、楽しみなサービスです!

 

 - 雑学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。