リップル社がxRapidのパイロット結果を発表!期待期待期待

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

とうとう来たな。この時が!

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

ripple社が、xRapidのパイロット結果を発表しました。

パイロットは、最終テストの意で取ってもらえば、問題ありません。

 

xRapidの狙い

 

人類は、軌道上の宇宙ステーションからのライブビデオをストリーミングするような、素晴らしいことができます。

しかし、別の国への支払いはまだ解決するまでに数日かかります。

インターネットの発展と情報の動きの大きな進歩にもかかわらず、世界中のお金を送ることは、遅く、イライラします。

 

ブロックチェーンテクノロジーを使用したグローバルな金融サービスインフラストラクチャの近代化は、劇的な利益が約束されています。

国境を越えた支払いのスピードとコストを向上させることは、世界経済に数兆ドルをもたらすでしょう。

 

今日、私たちはxRapidを使ってこれらの目標を実現する一歩近づいています。

グローバルな支払いの遅延を排除し、コストを大幅に削減します。

xRapidはデジタル資産XRPの背後にあるテクノロジーを活用し、国境を越えた支払いを真に瞬時に行うことができます。

 

パイロット結果

 

アメリカ-メキシコ間の送金で、xRapidを使用する金融機関は、現状と比較して40〜70%のコスト削減となりました。

国境を越えた支払いを送信する場合、現状の平均2〜3日に比べて、xRapidの支払いはわずか2分でした。

XRP元帳に依存している転送の部分は、中間のデジタル資産取引所とローカル支払いレールを移動することに起因する追加の処理時間で、2〜3秒でした。

 


 

xRapidを採用すると、送金が2分、かつ40~70%のコストダウンとなる結果でした。

これ使わない企業いるの?

 

また、2~3秒と書いてあるのは、XRPを保有している時間です。

この時間が短ければ短いだけ、相場変動リスクが低くなります。

2~3秒であれば、上記リスクはほぼないと言って過言ではないでしょう。

 

つまり結果は

 

パイロット結果は、大成功と言って良いでしょう。

導入コストが法外でなければ、採用しない理由が見付からないレベルです。

 

何も知らなければ世界が変わるのは一瞬です。

リップル(XRP)により世界が変わるのも一瞬でしょう。

今は下積み期間ではありますが、正直悪いところが見つかりません。

 

今後も余裕のガチホですが、証券問題だけは注意しておきます。

証券と見なされた際は、即売りしても良いでしょう。

今信じているrippleそしてXRPとは異なる形で発展するしかないためです。

 


 

Ripple:https://ripple.com/insights/first-pilot-results-for-xrapid/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.