Appleがリップルの技術を認め、Apple Payに採用きたあああ!!

   

 

リップルちゃん。今回はチャートに反映するよね?

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

世界的大企業であるAppleが、リップルを認めた素晴らしいニュースが舞い込んできました。

 

FINANCE MAGNATESの記事によると

・Appleは、RippleのInterledger拡張機能を搭載したApple Payの新しい支払い要求APIを導入しました。
・支払いレジストリの統合は、macOSとiOS 11.3のアップル独自のWebブラウザSafari 11.1で行うことが可能です。


とのこと。
Interledgerってなんだ?という方のために、その概要だけ先に説明します。


Interledgerとは

 

今回の報道で使われている「XRPのInterledger」とは、Interledger Protocolを指します。

Interledger Protocol(インターレジャー プロトコル)はILPと略されます。

 

ILPは、リップル社が提唱したオープンプロトコルです。

異なる台帳間で、移動や決済が行えるようになることを目的を持っています。

 

わかりましたでしょうか・・・。

簡易な例をご覧下さい。

 

例:

Aさんが100BCHのみ持っている。

AさんはBさんからPCを購入した。

BさんはAさんに「円」で10万円請求した。

 

この時Aさんは次の行動を取ることになります。

従来:10万円分のBCHを「円」にし、自分の銀行に送り、Bさんに振り込む。

ILP:10万円分のBCHをILPを通して、Bさんに「円」として振り込む。

 

つまり異なる台帳とは、価値が異なるもののことを指します。

例:円↔ドル、円↔BCH

 

ILPは銀行やクレジットカード等、各台帳のネットワーク規格の標準化を行い、これを可能にします。

異なる台帳の変換プラグ」みたいなイメージで構いません。

 

至極簡単にですが、このくらいの説明に留めておきます。

興味ある方は、ILPホワイトペーパーをご覧下さい。

 

 AppleがILPを採用!!

 

AppleがApple Payを導入してから、インターネットやPoSデバイスで簡単に支払いできるようになり、数年が経ちました。

しかし、Apple Payはまだ完全ではなく、様々な支払方法のサポートが不十分です。

ILPを採用することで、これが解決できます。


またILPは、住所、二要素認証、および署名を使用して支払いを行う方法に適用できるようです。
Appleにとっては、とても利便性の高いプロトコルと言えます。



FINANCE MAGNATESの記事では、下記のように言い切っています。

世界中の多数の銀行と提携していますが、RippleのInterledgerを採用することで、Appleはこの技術を採用する最初の技術巨人の1つになりました。


Google先生に聞いているので、意訳します。

Rippleは世界中の多数の銀行と提携しています。
しかしAppleは、RippleのInterledgerという技術を採用した、最初の技術系最大手企業となりました。


ソース:FINANCE MAGNATES

問題のチャート反映は・・・?

 

勝ったな。



XRPのチャートはこちら。

 

 

遂に!遂に上がってくれたのか!!

BTCのチャートはこちら。

 

 

ただのBTC連動でした。

更にこちらをどうぞ。

 

XRP 15mチャート(bitbank)

 

レンジ内でした。

これでも上がらないか・・・。

 

重要な点を書き忘れました

 

一番重要な点を書き忘れてしまいました。

文章構成を変更できる体力が残っておらず、終わりで申し訳ありませんが、こちらに記載します。

 

ILPでXRPは使われるのか

この解、実は明言されていません。

今回改めて探しましたが、それでも見つかりませんでした。

 

しかし、「ILP内でXRPを使用しないメリットが無い」と思います。

一応じょかは、ILP内でXRPが使用されることを前提として投資しています。

 - リップル(XRP)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。