【リップル】xRapid、xCurrent、xViaの違いってなんなの・・・?【国際送金】

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

RippleNetの説明から

 

リップラーのコネマル(@conemaru_btc)です。

 

リップル社はRippleNetを提供しています。

RippleNetとは、ブロックチェーン技術を利用した「国際送金ネットワーク」です。

RippleNetは、xRapid、xCurrent、xViaの3つで構成されています。

企業がRippleNetに参加する際は、xRapid、xCurrent、xViaのいずれかを選択します。

 

リップル(XRP)は国際送金を迅速、安全、低コストに行うと聞いたことはありますでしょうか。

正確には、RippleNetが国際送金を迅速、安全、低コストに行い、リップル(XRP)はそのネットワークの一部で使われるのです。

 

xCurrentとは

 

RippleNetの1つであるxCurrentは、銀行間の即時国際送金決済を可能にするシステムです。

 

まるでメールを送るかのように、容易、安全、迅速、低コストで送金決済ができます。

xCurrentは4つの機能で成り立ち、これによって即時国際送金決済を可能にしています。

長くなるので機能だけ紹介します。

「メッセンジャー機能」「ILPレッジャー機能」「バリデータ機能」「FXティッカー機能」

 

 

簡単にまとめると、世界中の銀行の即時送金を繋げるシステムです。

まずは世界中の銀行が網を張りました。

※xCurrentは、リップル(XRP)を使用しません。

 

xRapidとは

 

xRapidは「xCurrentを使用する銀行や流動性コストを最小限にしたい送金業者に対し、更に低コストで送金を行う」ことを目的としたシステムです。

分かりにくいので、噛み砕いて説明しますが、先に前提をお伝えします。

前提:xRapidは、リップル(XRP)を使用します!

 

まず、xCurrentを使用する銀行は、xRapidを使用することにより、更に低コストで送金を行うことができるという点。

これはすなわち

xRapidはxCurrentより更に安く送金できる

・xCurrentを使用した上で、xRapidを使用することができる

・銀行は低コストを目指すため、将来的に銀行間の国際送金決済にリップル(XRP)が使われる可能性が十分存在する

 

続いて、流動性コストを最小限にしたい送金業者に対し、更に低コストで送金を行うことができるという点。

これはすなわち

・ターゲットは送金業者である

・既にパートナーも存在する

1:MoneyGram(世界トップ5の送金企業)

2:IDT Corporation(個人間のオンライン送金決済サービス企業)

3:MercuryFX(外貨両替企業)

4:Fleetcor(国際決済プロバイダー)

5:Western Union(世界トップ5の送金企業、正式発表ではない)

6:UAE Exchange(送金企業)

・企業が送金業を容易に始められる

 

発表があってもわかりにくい・・・

 

パートナーはどこも素晴らしいのですが、発表があっても

送金企業は知名度が低く、一般人の盛り上がりにかけます。

 

しかし、パートナーは本当に素晴らしいところばかりです。

実際に動き出したら、世界が変わるでしょう。

 

これで、銀行と送金企業がリップル社と繋がりました。

 

xViaとは

 

RippleNetを使いたい一般企業向けのシステムです。

個人でももしかしたら使えるかもしれません。

あまり情報がありませんが、請求書等を送ることもできるようです。

 

RippleNetを活用したい「銀行、送金企業」以外をターゲットにした、簡易システムですかね?

これで、銀行、送金企業、一般企業がリップル社と繋がったわけです。

 

※リップル(XRP)は使用しません。

 

結局リップル(XRP)は使われるのか?

 

リップル(XRP)は、xCurrent、xRapid、xViaのうち、xRapidでしか使われません。

じゃあリップル社がxCurrentをメインで売り込んだら、リップル(XRP)は価格上がらないじゃん と思っていた方。

違いましたよね。

 

xCurrentを使用した銀行は、xRapidを採用することで、更にメリットがあります。

xCurrentの採用も喜ぶべきでしょう。

xRapidのパートナーも素晴らしい企業が多く、信頼要素です。

 

リップルを黙ってガチホせんかい!!

↓取引所お探しの方は、ご覧くださいなっ↓

販売所・取引所紹介

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. Deee より:

    これは勉強になりました。

  2. kobahiro より:

    リップル、ガチホしかない状態です。

  3. ko19640829 より:

    へぇー

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.