ビットコイン100万円割る・・・?次の反転はどこだ

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ビットコインがまもなく100万円タッチ

 

2018.2.25 ビットコイン(BTC)は102万円を切りました。

一時は130万円近くまで回復したビットコインですが、もう間もなく100万円にタッチし、更に下落しそうです。

 

次の反転予想を、100万円切らないうちに、急いで書きます。

 

↑画像:bitbankのビットコインチャート

 

次の反転予想(円ボーダー)

 

100万円をタッチした後のビットコインの反転ポイント予想は、以下の通り。

 

1.100万円 

このだら下げで、100万円での反転は望み薄です。

 

2.961,500円付近 

9000ドル付近での反転ですが、それまでのチャートを見ると、少し厳しいように感じます

 

3.90万円 

90万円反転が、今回のメインです。

一方で、88~90万円にあるサポートラインを割ると、一気に下落の可能性が高まります。

 

4.854,696円付近 

8000ドル付近での反転ですが、90万円を割った時点で望み薄です。

 

5.80万円 

最大防衛ラインです。反転させなければ、仮想通貨の発展がまた数ヶ月遅れることになります。

仮に80万円までだら下げすると、地獄が見えます。

 

6.65万円を割った場合 ×

イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)に基軸変更がなければ、暗号通貨は8月頃まで冬眠します。

一部の通貨は5月頃から復活する可能性はあります。

 

次の反転予想(上げ要素)

 

1.2018.2.26(月)上げ 

暗号通貨は土日に下落し、平日に上昇がいつもの流れになっています。※必ずではありません。

本日は2018.2.25(日)ですので、明日反転の可能性はあります。

しかし、一時的な回復であり、反転にならない可能性の方が高いと感じています。

 

2.ビットフライヤー発表上げ or×

ビットフライヤーからSFD一部見直しの発表があり、下落要因となりました。

【下げ材料・・・?】ビットフライヤーがSFD見直し【取引所問題】

↑本サイトでも取り上げています。

 

SFDの一部見直しにより、SFD%が減少すれば、反転要素となります。

※SFD%増加で、暴落要素です。注意してください。

 

発表の日程はまだ決まっていません。

今までの流れから、発表日は2018.3.1~2018.3.5辺りだと思われます。

 

3.BTCPハードフォーク直前 

反転要素になる気はしませんが一応。

BTCPハードフォーク前に大手が下げさせているのであれば、BTCPハードフォーク前に反転するでしょう。

ハードフォーク後は荒れると思います。

 

ハードフォークは2018.2.28に予定されています。

ビットコインがまたハードフォーク!BTCPとは?

↑本サイトでも取り上げています。

 

100万円割りそうなので、一時公開

 

考察が少なくて恐縮ですが、今にも100万円割りそうなので、一旦公開します!!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.