ビットコイン(BTC)が急激に下落。何があった!?

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ビットコさんが行っておしまいなされた・・・。

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

ビットコイン(BTC)が急激に下落しました。

理由が不明だったので調べたところ、面白い説が浮上したので記載します。

急いで書きますため、誤字等はお許しください。

 

原因はトランプ!?

 

アメリカ大統領のトランプ氏のツイートが事の発端のようです。

 


はい。日本語訳。

 

 

意訳:シリアに手を貸すなら、ロシアとイランへの経済制裁を強化するぞ!

 

ロシア株が下落

 

現在アメリカは、鉄鋼、アルミの関税強化に着手しています。

今回のトランプ氏のツイートには「シリアでのケミカル攻撃」というワードがあります。

 

これを受け、アルミ業界に多大な影響を与えると考えれられました。

ロシアのアルミ大手(生産量世界2位)である「ルサール」のデフォルト懸念が生まれました。

 

株価もえげつない下落を見せます。

画像:ルサール株価

 

世界2位のアルミ会社の下落を受け、ロシア株全体が引っ張られます。

 

画像:ロシアRTS

 

それでビットコインが・・・・え?

 

それでビットコイン(BTC)が下落したようです。

 

え?

 

なんでビットコインが下げなきゃならんの?

ロシアだろうがアメリカだろうが、ビットコインの価格には関係ないだろ。

 

そう思い調べたところ、ロシアは2018.7目途に暗号通貨の合法化を目指しています。

税率は13%程で、マイニングは登録制の予定だそうです。

またロシアでは、ブロックチェーン技術を使った選挙を計画しているらしいです。

 

ロシアは暗号通貨に前向きな姿勢を取っており、それが影響した・・・んですかね?

 

まさかロシアに引きずられると思っておらず、ノーマークでした。

そんなこんなで、この記事を書いている間に、BTCチャートはこのようになりました。

 

 

上と下のラインについては、昨日今日から変更ありません。

そちらをご覧ください。

 

ビットコイン(BTC)土日にも関わらず、75万円まで回復。2018.4.9が勝負!

 

ビットコイン回復中ですが、まだ注意!下降トレンドから脱却したとは言えません!

 

本記事はひとまず終了です。

また何か分かり次第、追記します。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. sk1127omusubi より:

    BTCの垂直下げは寝てる間にやって来る…

  2. Deee より:

    歴史は繰り返すという感じですね。

  3. kobahiro より:

    さがーる、あがーる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.