ビットコインがまたハードフォーク!BTCPとは?

   

BTCハードフォーク!その名もビットコインプライベート

ビットコインからのハードフォークというと、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインダイヤモンド(BCD)等
いくつもの通貨が挙げられます。

さて、来たる2018.2.28にBitcoin Privateのハードフォークが予定されています!!
しかも通常のハードフォークと異なり、Zclassicとの共同ハードフォークとのことです。

これはZclassicの機能をBitcoinに乗せるという、非常に面白い挑戦です。
むしろこんなことできたんですね・・・。

Zclassicとは

Zclassic(ジークラシック)とは、Zcash(ゼットキャッシュ)からハードフォークした通貨です。
単位はZCLで、BittrexやCryptopiaで取引されています。
残念ながら日本ではまだあまり浸透していません。

ZcLは非常に高い匿名性を持っており、受信者、送金者および送金金額を開示せずとも、その取引が正確に行われたことを証明することができます。
匿名性が高い通貨といえば、Dash、Monero、komodo等が挙げられ、2017年後半から高い人気を誇っています。


※画像リンク先はZclassic公式ページ

非常に匿名性の高いビットコイン

上記の機能を持つZCLとビットコインが手を組むことにより、時代のニーズに沿った、匿名性の高いビットコインが出来上がるわけです。

これはBTCP公式から抜粋した図です。

受け取り資格

 

受け取り資格についても、公式に書いてあります。

ハードフォークが発生した際に、すべての ZCL と BTC の保持者のスナップショットを取ります。ZCL もしくは BTC をウォレットに保持している人、もしくはハードフォークをサポートする取引所に保持している人は BTCP を 1:1 の割合で受け取ることができます。例えば、あなたが 15.4 ZCL を保持しているなら 15.4 BTCP を受け取ることができます。
 
BTCだけでなく、ZCLの保有者も受け取れるようです。
ハードフォークをサポートする取引所というのがネックですね。
必ず欲しいという方は、ウォレットにいれておくことを推奨します。
  

ツイッターの温度感

1.


 
2.


 
3.


 
4.


 
5.


 
 

じょかじょか
ハードフォークの話題って
どんどん注目されなくなってるよね。

 - ビットコイン(BTC)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。