大人気国産通貨のReciproxが第2回エアドロップ情報を公開!必ず受け取るためにはここに注意!※追記:始まりました

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Reciproxいっぱいちゅき。

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

先日、Reciprox(レシプロックス)の第1回エアドロップがありました。

その人気ぶりから、焦りながら記事を作成したのを覚えています。

Reciproxの詳細を知りたい方は先に、↓下記事をご覧下さい。

 

人気爆発中!国産トークンReciproxエアドロップ開催中!頼む。記事間に合ってくれ

 

国産通貨であることも後押しし、なんと1日で第1回エアドロップを終えました。

 

Reciproxの第2回エアドロップに備えろ!既に4000人以上が参加中!

 

ページ下記にDISCORDは参加しておいた方が良い!と記載した結果

たくさんの方が本ブログから参加して下さり、中にはじょかに挨拶して下さる方もいらっしゃいました。

とても嬉しかったです。有難う御座います。

 

第2回エアドロップ告知!

 

 

2018.4.19 Reciprox公式が「RCXトークンの第2回エアドロップのお知らせ」を発表しました。

※第1回エアドロップ参加者も参加可能です!

 

追記:2018.4.20 18:00

エアドロップを開始しました!

既に4200件を超える応募が来ているようです。

 

第2回エアドロップ概要

配布枚数:4億枚

募集開始日時:2018.4.20 18:00

募集終了予定日時:2018.4.27 18::00

※前回は1日で終了したため、今回も4.27前に終了すると思われます

途中終了要素:4億枚全配布もしくはDISCORDに2667名参加

配布日時:2018.4.29より順次

 

受取枚数

通常応募:30000枚

DISCORD参加⁺α:150000枚

DISCORD⁺β:100000枚

 

α、βは後述します。

 

応募の流れ

↓更に↓

  • ERC20アドレス(必須)
  • TwitterID(必須)
  • discordID(任意)
  • キーワード入力(任意)

 

事前準備

必要なのものが、大きく3つあります。

 

Twitterアカウント

イーサリアムアドレス(ウォレット)

Reciproxアカウント(RCXグループ)

 

全て無料で登録できます。

Reciproxは必須ではありませんが、受取枚数が大きく変わるため、用意しておくに越したことはありません。

 

受取枚数が変わる!?

参加方法によって、RCXトークンの受取枚数が変わります。

先程α、βと書きましたが、具体的にはキーワードを入力することで多くのRCXトークンを得ることが出来ます。

 

 

キーワードはDISCORD内で公開されます。

その上で、エアドロップ開始5分前から最初の12時間のみ表示されるキーワードAを打ち込むと15万RCX受け取れます。

12時間以降はキーワードBが表示され、打ち込むことで10万RCX受け取れます。

DISCORD不参加で一般参加となり、3万RCX受け取れます。

 

ね?DISCORD登録しておいた方が良いでしょう?

Reciproxアカウント(RCXグループ)

 

注意点

 

第1回エアドロップで、いくつかのユーザー問題があり、第2回以降は注意しなければなりません。

 

前提

前回、4390名がエアドロップに参加しましたが、有効回答数は4224となりました。

不正や入力ミスにより送金できなかったため、無効回答となってしまったとのことです。

 

同一のTwitterID/discordIDの複数人申請禁止

他人のTwitterID/discordIDを利用しての不正な申し込みが複数確認されています。

また、複数のマイウォレットで同様のTwitterID/discordIDを使用した方もいるでしょう。

 

禁止です。

発覚した場合、今後のエアドロップ参加が拒否されます。

 

入力ミス

入力ミスは注意しましょう。

エアドロップだから、間違えても後から言えばなんとかなるかもという考えは甘いです。

毎回注意して行うクセをつけなければ、いつかセルフGOXしかねません。

 

Reciprox公式の引用でお伝えします。

 

Google Form内のアナウンスとして正確な情報の入力を求めたものの、数多くの申請者から誤まった入力申請を受けました。特にdiscordIDの入力は間違いが多かったため、次回以降は正確な情報入力をお願いします。

今回は第1回エアドロップとしてある程度の誤入力はこちらで訂正していますがあらかじめ注意喚起していた上、運営チームの負荷も大きいため次回からは誤入力の申請はすべて却下いたします。

例えば、discordIDの入力は注意として「discordIDを、#を付けた状態で入力してください。(例:reciprox#0000、あいうえお#1234)」と記載したのにも関わらず下記のようなユーザー名を入力しない、#を入力しない申請を多く受けました。

⭕:あいうえお#1234
❌:#1234
❌:あいうえお
❌:# あいうえお

次回以降は正確に入力していない情報はすべて配布対象から除外されるので、正確な情報入力をよろしくお願いします。

 

WPを読む

参加時は、必ずホワイトペーパーを読み、どういった目的のプロジェクト・通貨であるかを知りましょう。

何の知識もなく「儲かるかも!」と思ったのみで参加するのはやめましょう。

特にReciproxはコミュニティ通貨であるため、理解した上で受け取らなければ、あなた含め全員が混乱します。

 

じょかはこっちの方が興味あった

 

一応、第2回RCXエアドロップの情報は以上です。

ただじょかは、第1回エアドロップ統計の方が興味がありました。

非常に面白いのですが、記事の長さの問題で割愛します・・・

前半に記載されていますので。是非読んでみて下さい。

 

RCXトークン第1回エアドロップ振り返り(考察・問題点)と第2回エアドロップのお知らせ

 

ちなみに、第1回エアドロップは既に全配布されています。

 


忘れてました!

最後に1つ重要なことを書きます。

 

第2回エアドロップを逃してはならない!

 

前記事に書いた、「特典はまだあります」と同様の内容です。

第2回エアドロップに参加できるかできないかで、大きく変わるんです!!

 


 

なんと、公式ローンチ後、最初の1ヶ月間のキャンペーンがなかなかに優秀です。

 

最初の1ヶ⽉はキャンペーンとしてブロンズランクを⼿にするためにRCXトークンを送信した⼈全員を対象に、下記の要領でリターンキャンペーンを⾏います。

·ブロンズ会員登録に必要な送信額300,000RCXを100%運営よりリターン

·「ランク」付与後、およそ1週間後のリターンを予定

 

30万RCXが100%返ってきます。

ちなみにブロンズランクのメリットはこちら。

 

 

2018.5頃から解放される予定とのことです。

 

キャンペーンに必要な30万RCXを手に入れる方法が分かりました。

その方法とは、全4回中3回以上のエアドロップに参加することです。

 

 

DISCORD Reciprox

ツイッター Reciprox 

 


 

というわけです。

明日のエアドロップに備えましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.