G20直前だし、じょかが議論内容を予想しちゃいます

   

問題のG20は・・・

 

G20までまもなくですね!

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

 

G20での規制内容はおそらくこんな感じかなぁ

という予想をしていきます。

 

まず前提:G20とは

 

G20ってそもそもなんなのでしょう。

日本銀行に説明があったので、記載しますね。

 

G20は、G7(後述)の7か国に、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合・欧州中央銀行を加えた20か国・地域のことです。

 

G7の説明も必要ですね。

 

G7は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の7か国のことです。

 

つまりは、先進国7ヵ国に13ヵ国を加えたものです。

暗号通貨は世界に影響を及ぼす可能性が高いため

G7ではなくG20で議論されます。

 

議論及び規制内容

 

2018.3.19~2018.3.20に開催されるG20で

暗号通貨について議論されます。

 

暗号通貨について議論される内容は以下だと推測します。

 

・マネーロンダリング

・裏社会の資金調達

・ハッキング

・ボラティリティの高さ

 

となると、こんな感じでしょうか。

 

本人確認必須

販売所・取引所で本人確認必須となるでしょう。

国内は問題ありませんね。

 

販売所・取引所の登録

国の登録が必須になるでしょう。

日本でいう「仮想通貨交換業者」のようなものです。

登録にあたり、国が求める条件についての話し合いもされると予想します。

 

匿名通貨の規制

暗号通貨のなかには、匿名通貨に分類されるものが存在します。

簡単に言えば、成立した取引について、誰が取引を行ったか分からない通貨です。

匿名通貨のいくつかは違法薬物等の取引に既に使われています。

そのため、匿名通貨には強い規制が入ると予想します。

 

ヨーロッパは暗号通貨を嫌っているが

 

イギリスやフランスは暗号通貨について非常に後ろ向きで

厳しい姿勢を取っています。

 

しかしながら、今回のG20で暗号通貨に対して

厳しい結果が出るとは予想しにくいです。

 

なんせ20ヵ国それぞれに考えがあり

それをたった2日間でまとめることは非常に難儀だからです。

ただし匿名通貨をお持ちの方は覚悟した方が良いと思います。

 

引き続きG20で話し合いを続け、暗号通貨の規制を考えていく。

程度の発表で終わると予想し、本記事を終えます。

 - 雑学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。