CoinExからリップル送金したら遅すぎる。どんどんお金増えるから、まあいいか

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

がっつり参加した結果報告です。

コネマル(@conemaru_btc)のじょかじょかです。

 

過去数度、CoinExの記事を投稿してきました。

リップル(XRP)保有キャンペーンに参加して、CoinExの独自コインである

CETを受け取る企画の最終結果をお伝えしていきます。

 

一連の流れ

 

過去記事からご覧頂くと、本記事がより分かりやすいかと思います。

今後、リップル(XRP)以外でも同様のキャンペーンが行われる可能性が高いため

是非先にご確認ください。

 

1.【リップル保有者対象】最大8万円分のエアドロップを受けられると聞いてやってみた

 

【リップル保有者対象】最大8万円分のエアドロップを受けられると聞いてやってみた

 

2.CoinExにリップル(XRP)預けたら、早速3万円分エアドロップ受け取れてうまうま

 

CoinExにリップル(XRP)預けたら、早速3万円分エアドロップ受け取れてうまうま

 

3.リップル保有して受け取ったCETでKAN受け取った。もはや何が何だか分からない

 

リップル保有して受け取ったCETでKAN受け取った。もはや何が何だか分からない

 

 

XRPを34700枚預け、CETを受け取りました。

受け取ったCETの枚数に対し、KANを受け取ったところまで記事にしています。

 

リップル(XRP)出金

 

XRPによるCETキャンペーンは、2018.6.1で終わりました。

今回のXRPは、「貸して増やすサービス」用に用意したものですので、bitbankに送金します。

 

2018.6.1 19:58

CoinEx→bitbank 34700XRP

(一応出金アドレスは隠しています)

 

 

2018.6.1 23:01

bitbank着金 34699.85XRP

※CoinEx出金手数料:0.15XRP

(一応アドレスは隠しています)

 

 

 

19:58に出金依頼を出して、着金が23:01。

 

約3時間

 

GOXしたかと思いましたよ。まじで。

 

いくらXRPの送金速度が速くても、取引所の対応が遅いと意味がないなぁと思ったのが半分。

もう半分は

やったGOXしてなかったこええええええ でした。

 

何を得たか

 

今回のキャンペーンで、得たものを発表します。

 

CET

100336.7CETが手に入りました。

2018.6.4 1:00頃は1円を上回っていましたが、現在は8.5円ちょっとです。

 

将来性を感じることができたため、現状はホールドを選択しました。

 

 

KAN

574.4KANが手に入りました。

CET保有者対象で配布されたものです。

 

枚数も少ないので、価値が0になっても良いと判断し、ホールドを選択しました。

 

 

HSR

0.7HSRが手に入りました。

CET保有者対象で配布されたものです。

 

はい。そうなんです。

なんと、CET対象でまた配布されました。

金額は少ないですが、今後も定期的に行われる可能性があると感じました。

CETホールドを選択した最大の理由です。

 

HSRもKAN同様特に必要ないのですが、とりあえずホールドしておきます。

 

 

XRP

XRPは、上記の通りbitbankに戻しました。

そのためCoinEx内には1枚もありません。

 

 

損益

 

円計算していきます。

 

入:86,266+1310+543=88,119

出:22(0.3XRP、出金手数料x2)

 

約88,100円を得ることができました。

 

十分参加した意義のある価格になりました。

せっかくですので、少し見方を変えてみましょう。

 

今回、34700XRPを預け入れました。

現在、XRP=約74円ですので、2,567,800円を預けたことになります。

 

88,100÷2,567,800×100=3.43%

 

約3.43%の利息を得たことになります。

んー うまい!!

 

CoinExは開設しておくが吉

 

CoinExは、今回のように、上場銘柄に対してキャンペーンを行う可能性があります。

前記事にある通り、CET配布キャンペーンはXRP以外でも行われています。

 

CETを保有することで、コイン配布を受けられる可能性があることも分かりました。

更に、CoinEx自体の認知度が高まれば、CET自体の価値も高まります。

 

もちろん、必ず儲かるわけではありません。

しかし、どの銘柄がキャンペーン対象になるか分からない現状であるため

メールアドレスだけで開設可能な、CoinExは開設しておくが吉と言えます。

 

以上。

良いキャンペーンに参加できた充実感に満たされている、コネマル(@conemaru_btc)でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黙ってガチホせんかい!! , 2018 All Rights Reserved.