GMOコインの「貸仮想通貨サービス」にアルト追加も・・・ハードル高いですねぇ

   

 

貸して増えるのはとても有難いですが・・・

コネマル(@conemaru_btc)です。

 

先日紹介したGMOコインの「貸仮想通貨サービス」に新たな発表がありました。

紹介時は、bitbankとの比較を行いましたね。

GMOコインの「貸仮想通貨サービス」と、bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」と大比較!

 

さて新たな発表とは

「貸仮想通貨」サービス アルトコイン取扱開始のお知らせです。

 

流石GMO。アルト対応早いですね。

早速見ていきましょう。

 

アルトコイン貸出概要

 

対象通貨

イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

 

※上記4種類が追加となりました。

 

☆申込単位(最低申込数量)

イーサリアム:100 ETH
ビットコインキャッシュ:50 BCH
ライトコイン:300 LTC
リップル:100,000 XRP

 

※後述します。

 

最大申込数量

イーサリアム:1,000 ETH
ビットコインキャッシュ:500 BCH
ライトコイン:3,000 LTC
リップル:1,000,000 XRP

 

貸借料

☆イーサリアム(ETH)

100 ETHにつき、2.04109589 ETH

 

☆ビットコインキャッシュ
50 BCHにつき、1.02054794 BCH

 

☆ライトコイン
300 LTCにつき、6.12328767 LTC

 

☆リップル
100,000 XRPにつき、2,041.0958 XRP

 

※年利息5%相当です。

 

その他

申込期間:2018年5月9日〜2018年5月23日(5月分)

満期:150日

中途解約:この記事を見てもらった方が早いです。

募集上限:超えたら抽選

 

ハードル

 

とても良い発表ではあるのですが、ハードルが高いです。

最低申込数量に注目しましょう。

 

イーサリアム:100 ETH
ビットコインキャッシュ:50 BCH
ライトコイン:300 LTC
リップル:100,000 XRP

 

現状の価格で、円換算してみましょう。

参考価格は、コインウォッチさんから。

 

 

イーサリアム:約834万円
ビットコインキャッシュ:約904万円
ライトコイン:約517万円
リップル:約881万円

 

ライトコインが最もハードルが低いですが、それでも500万円以上必要です。

ちなみにBTCは最低10枚からですので、現在の価格で1千万円以上必要です。

 

アルトコインは少しハードルを下げたようですが、それでも厳しい方は多いでしょう。

bitbankは「枚数的には」ハードルを下げてくると思います。

枚数が満たない方は、無理に増やさず、bitbankを待っても良いかもしれません。

 

かくいうじょかも、リップル以外は選択権を与えられていません。

2018夏からSBIバーチャル・カレンシーズが開設し、リップルの状況が大きく変わる可能性があるため、本件はスルー予定です。

 

ガチホ組で枚数が足りている方は、検討してみて下さい。

 - 雑学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。