【取引所・販売所の特徴】QUOINEX【驚愕の通貨ペア数!】

      2018/02/17

QUOINEX

評価:B

最大評価点:QASHを取り扱っている

高評価点:驚愕の通貨ペア数、レバレッジ最大25倍の暗号通貨FX、アビトラがうまい!?

低評価点:板が薄い、出金が遅い

QUOINEXの高評価点

 

QASHを取り扱っている

QUOINEXの特徴は、なんと言ってもQUOINEXをなんて読んだらいいか分からない点(コインエクスチェンジと読みます)ではなく
QASHを扱っている点にあります。

QASH(キャッシュ)は、簡単に言うと、世界中の取引所の暗号通貨を選択フィアット(円、ドル等)で買うことができる
LIQUID プラットフォームで使われる暗号通貨です。
このプロジェクトは非常に素晴らしいことなのですが、QASHについて語ると1記事必要になるので、本記事では割愛します。

このQASHを国内で唯一扱っているのが、QUOINEXです。

 

驚愕の通貨ペア

ビットコイン(bitcoin:ビットコ):BTC
イーサリアム(Ethereum:イーサ):ETH
ビットコイン キャッシュ(Bitcoin Cash:ビッチ):BCH
リップル(Ripple:リップル):XRP
キャッシュ(QASH:キャッシュ):QASH
ビットコインFx:1~25倍

取り扱い銘柄は上記の通りです。ちなみにレバレッジをかけてのFXも可能です。
銘柄は一見多くないように思えますが、QUOINEXの凄いところは、対応フィアット(法定通貨)です。

 

日本円(JPY) 米ドル(USD)
香港ドル(HKD)
オーストラリアドル(AUD)
シンガポールドル(SGD)
中国人民元(CNY)
ユーロ(EUR)
フィリピンペソ(PHP)
インドルピー(INR)
インドネシアルピア(IDR)

ちと多すぎやしませんかねぇ・・・何がどの通貨だか調べるのは鬼のように疲れます。

 

アビトラがうまい!?

アビトラとは、アービトラージのことで、簡単に言うと「取引所間の価格差で儲けること」です。
QUOINEXは、他の取引所と比べ、全体的に暗号通貨が安い傾向にあります。
つまり、QUOINEXで通貨を買い、他取引所に送付後、他取引所で売れば、チャートに大きな変化がなくても儲かります。

こういうことが成り立つわけですね。
もちろんアビトラは違法ではありません。

 

QUOINEXの低評価点

 

板が薄い

QUOINEXは日本ではまだ普及率が高くなく、そのため板が薄いです。
板が薄いとは、取引量が少ないことを指します。

板が薄いと、自分の売買したい価格での取引が成立しにくかったり
チャート変化が小さかったりします。

しかしQUOINEXの高評価点から考えると、今後人は増え続けると思います。
人気が出てから登録申請をすると、待ち時間が長くなりやすいため
今のうちに開設しておくことをおすすめします。

 

出金が遅い

現状、出金はとても遅いです。
高いセキュリティシステムで、間違いがないことを何度も確認しているのかもしれませんが
出金に時間がかかると、正直かなり不安です。

また、多額入金をする際に、心の枷となってしまうので
今後の改善に期待したいです。

 

簡単にまとめると

 

QASH買うなら、QUOINEX。最近リップルが上場した。今後ネム(XEM)も上々予定で、今後人気が拡大する可能性が高い。
今のうちにさっさと開設しておいた方が無難。

 

 

 - 取引所

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。